読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhoneのパスコードを複雑化する裏技

iPhoneのセキュリティ性能については最近の報道でもあった通り、アメリカのFBIがテロリストの端末にアクセスしようとしてもできず、Apple社にパスコードの解除を求めたのに対し、Apple社がそれを拒否したことで大きな波紋を呼んだほどの徹底ぶりです。

この件は法廷闘争にもつれ込むことになりましたが、Apple社は徹底抗戦を表明し、GoogleやTwittew、Facebookなどが次々に支持を表明しました。

その後、FBIがパスコード解除に成功してしまうのですが、Apple社もそれを教訓に対策し、さらにセキュリティ性能を強化することでしょう。

ただし、パスコードが数字4桁もしくは6桁であれば解除はより簡単になってしまいます。

どんなにセキュリティ性能の高い通話アプリやメッセージアプリを使っていたとしても、パスコードを解除されてしまえば意味がなくなってしまうこともあります。

パスコードをできるだけ複雑なものに変更し、セキュリティを万全にしましょう。

パスコードを複雑なものにしても、Touch ID(指紋認証)の設定をしておけばパスコード解除は指一つでできるようになるので、必ずTouch ID設定もしておきましょう。

 

パスコード変更手順

 

設定アプリを開き、 「Touch IDとパスコード」をタップする。

 

 

 

現在のパスコードを入力するし、「完了」をタップする。

 

 

「パスコードを変更」をタップする。

 

 

再度、現在のパスコードを入力し、「次へ」をタップする。

 

 

「パスコードオプション」をタップする。

 

 

「カスタムの英数字コード」をタップする。

 

 

できるだけ複雑な新しいパスコードを入力し、「次へ」をタップする。

 

 

同じパスコードを再度入力し、「完了」をタップする。